手続きの流れを勉強しよう

無事に審査を通過できた後

再び書類の提出をしよう

審査を通過できたら、印鑑証明書を提出します。
市役所などに行くと印鑑証明書を入手できますが、時間が掛かる可能性があります、
また市役所は、開いている時間が限られています。
朝から晩まで仕事をしている人は、帰宅する頃にはすでに市役所が閉まっている可能性があります。
昼間に行くと、確実に印鑑証明書をもらえるでしょう。

お昼休みなどを利用して、なるべく昼間に行くことを意識してください。
審査を通過できても印鑑証明書を提出できなければ、無効になってしまいます。
前もって、印鑑証明書を用意しておいても良いですね。
ただその場合はいろんな書類があるでしょうから、どのタイミングで何を提出すれば良いのか理解しておいてください。

口座を用意しておこう

お金が振り込まれる口座を、必ず用意しましょう。
銀行でも、郵便局の口座でも構いません。
近くにある銀行や郵便局を選択すると、お金を引き出すのが簡単になります。
口座が決まったら、口座の番号を伝えましょう。
審査が終わった後で、通帳のコピーを郵送する決まりです。
本物の通帳を贈らないように、気を付けてください。

コピーで構いませんが、汚く印刷されているものは無効になります。
きちんと口座の番号などが、綺麗に印刷されているのかチェックしてください。
通帳の表紙と、1ページ目のコピーを見せる決まりになっている金融機関が多いです。
1ページ目も一緒に見せることで、信頼性を証明できます。
どの口座が良いのか、早めに考えておきましょう。